検査部長のつぶやき

2014.02.14  2014年2月の検査部長のつぶやき

節分が過ぎて暦の上では春ですが、まだまだ寒い日がつづきます。2月8日の大雪は、皆さんも大変だったことと思います。また、風邪やインフルエンザの患者さんも急激に増えてきています。私も風邪を引いて、一週間も声が出なくなり、患者さんに迷惑をおかけしました。健康管理に気を付けて、この冬を乗り切りましょう。

ソチの冬季オリンピックが開幕しました。連日テレビの生中継を見ていて、寝不足だという方も多いのではないでしょうか。日本選手の活躍に期待したいですね、特にフィギュアスケートは、男女ともにメダルが期待できると思います。浅田真央選手と韓国のキム・ヨナ選手の因縁の対決は見ものですね。今の時点で、モーグル女子の上村選手が4位と健闘しました。惜しくもメダルは取れませんでしたが、本人は悔しいながらも満足しているようでした。また、女子ジャンプの高梨沙羅選手も、メダルが期待できそうな状態なので、楽しみです。今回は特に女子選手の活躍が目立つように思います。

頑張れ日本!

2013.12.20  2013年12月の検査部長のつぶやき

今年もあと僅かとなりました。皆さんの今年一年はどうでしたか?良い年でしたでしょうか。
今年は、台風の雨と風による被害が目立った年でした。フィリッピンの台風被害もまだ、記憶に新しいと思います。これらは、地球温暖化の影響なのでしょうか。人間は、自然に対して無力だと言われますが、人間の営みによって、自然は少しづつ変化して行くものだと思います。地球上の生物は、地球に生かされているものだと、自覚するべきでしょう。
話は変わりますが、地球の外、宇宙に目を向けると、今年は、彗星の当たり年でした。パンスターズ彗星に始まり、アイソン彗星、そして今見ることが出来る、ラブジョイ彗星があります。私も観測しに行きましたが、パンスターズ彗星は、予想より輝きが強くならず観測できませんでした。アイソン彗星は、太陽に接近した後消滅してしまいました。消滅する前に一度観測に行きましたが、発見出来ませんでした。後は、ラブジョイ彗星に期待したいのですが、早朝の日の出前でないと観測出来ませんので、早起きが苦手な方にはきついと思います。観測できる方角は東北東で、午前5時頃から見え始めます。日にちが経つにつれて、角度が低くなり見えずらくなりますので、早めの観測が良いですよ。
だんだん冷え込みが厳しくなってきました。風邪などひかぬよう健康に気をつけて、良い新年をお迎えください。

2013.10.11  2013年10月の検査部長のつぶやき

お彼岸が過ぎて秋の味覚が店頭に並ぶようになってきました。お彼岸と言えば、中秋の名月ですね。私の子供の頃は、十五夜として月見団子とススキの穂をお供えして、けんちん汁を食べる行事がありましたが、今でも行われているのでしょうか?

今年は一段と綺麗な満月が見られました。当然、写真にも撮りましたが、皆さんは月の写真を撮った事がありますか?意外に月は明るく、昼間の写真を撮る条件で撮ることが出来ます。但し、条件は全てマニュアルで設定して下さい。オートで撮ると只の光にしか撮れません。後は、望遠レンズが必要ですが、私は、シグマ社の150mm~500mmのレンズにケンコーの2倍テレコンを装着して撮影しています。35mmフィルム換算で1600mmになります。条件は、デジタルカメラの場合で、シャッタースピード1/400、ISO200、絞り8あたりで撮れます。後、大事なのが露出で、マイナス1/3~1/1位で撮ってみてください。ホワイトバランスは太陽光、ピントはもちろんマニュアルで行って下さい。月の模様やクレーターも写りますよ。

昼間はまだまだ暑いですが、朝晩は冷え込みます。風邪や扁桃腺炎の患者さんが、増えてきましたので、皆さん気をつけて下さい。

2013.07.26  2013年7月の検査部長のつぶやき

平年より二週間も早く梅雨が明けて、連日猛暑が続いています。テレビや新聞では、熱中症で病院へ運ばれる人が、毎日の様に報道されています。皆さんは熱中症対策はどのようにしていますか?

私は、休日に写真を撮りに外出することが多いので、クーラーボックスに水道水を1Lのペットボトルに入れて、凍らせた物と飲料を入れて、持って行くようにしています。飲み物の種類はミネラルウォーターやお茶類、カロリーオフのスポーツドリンク等ですが、一度に大量に飲むのではなく、1時間毎に二口や三口位を飲むようにしています。クーラーボックスは、釣り用のしっかりした物を使用しています。少し高価ですが、保冷力が高く椅子の代わりとしても使えるので、重宝しています。今年は、暑さが長く続くようなので、熱中症対策をしっかりして、乗り切りましょう。

最近、高齢者の登山ブームになっているようですが、事故や遭難も多くなっているようです。登山をするには、体力や知識、技術及び装備が大事なんです。私も高校時代の3年間山岳部に所属して、活動していましたが、日ごろの体力トレーニングと技術や知識の習得がかかせませんでした。先輩の言葉で{トレーニングで苦労して本番の登山で楽をしろ}と言うのが記憶に残っています。安易に山を登るのではなくて、しっかり準備をしてから登山を行って欲しいものです。自然が相手なのですから、予期しないハプニングが起きても、対処できるようにしましょう。

今年、富士山が世界遺産に登録されました。富士山に登る人達も今以上に増えることと思います。気をつけて登山していただくことを願います。

2013.05.02  2013年5月の検査部長のつぶやき

桜の花も咲き終わって、いよいよ春本番を迎えましたが、朝晩は寒い日が続く毎日ですね。今年は何故か風が強い日が多くて、土埃が舞って大変です。こんな日は外に出ていくのが、嫌になります。
また、中国では鳥インフルエンザが流行の兆しを見せているので、世界中が注目していて、蔓延を阻止しようと躍起になっています。我が国でも厚生労働省や保健所、医師会等から医療機関に通達が届いています。空港等の監視では、発熱等の症状が現れないと、引っかから無いので、潜伏期間中に入国する可能性があります。台湾で感染者が見つかったのはそのケースでしょう。
ここで、ウイルスの簡単な説明をしたいと思います。ウイルスは、大きくDNA型とRNA型の2種類に分別されます。つまり核酸(遺伝子情報)を持つ物質であり、細菌や動物のように細胞質を持たない物なのです。そこで、動物の細胞に入りこんで、自分のクローンを作り出すのです。特に白血球に進入することが多く、クローンが増えてくると、白血球を破壊し始めるので、一時的に白血球の数が減少します。ここまでが、潜伏期間でこの後から、動物の生態防御が働き始めて、発熱が起きてきます。
手遅れになると致死率が高い病気なので、身に覚えのある方は早めに医療機関の診察を受けるようにしてください。
季節の変わり目は、体調を崩し易いので、皆さん気を付けてください。